Top >  無痛分娩の麻酔法 >  脊椎麻酔法(せきついますいほう)

脊椎麻酔法(せきついますいほう)

脊椎麻酔法(せきついますいほう)は、

硬膜外麻酔法(こうまくがいますいほう)よりも

強力なものと考えてもらえばいいと思います


脊椎にあるクモ膜下腔に麻酔液を注入し、

運動神経を麻痺させます


ところが、痛みは無くなるのですが

子宮の収縮にも影響が出てしまい

赤ちゃんを吸引分娩で取り出す可能性がとても高いです


吸引分娩とは、吸引カップを赤ちゃんの頭にあて

吸着させ、引っぱって赤ちゃんを取り出します


お母さんは、会陰裂傷、頚管裂傷などが心配されます

赤ちゃんは、頭皮が傷ついたり、頭に血腫(頭血腫)ができたりします


ただ、頭血腫はしばらくすると治ります

脳への影響もほとんどありません


無痛分娩

当サイトでは、無痛分娩を実施されている産婦人科医院の情報を募集しております
ぜひ情報をお寄せください
→ 情報お寄せフォーム

病院から直接の掲載依頼も受け付けております。どうぞよろしくお願い致します
→ 【病院関係者専用】情報お寄せフォーム


無痛分娩


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【無痛分娩検討中の妊婦さんが見ている人気ページです】


無痛分娩も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトが

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

無痛分娩の麻酔法

無痛分娩といってもいろんな麻酔法(種類)があります

ここでは、主に取り入れられている
5つの方法を掲載しました

関連エントリー

硬膜外麻酔法(こうまくがいますいほう)
会陰部神経ブロック(えいんぶしんけい)
脊椎麻酔法(せきついますいほう)
静脈麻酔法(じょうみゃくますいほう)
吸入麻酔法(きゅうにゅうますいほう)