Top >  無痛分娩の麻酔法 >  硬膜外麻酔法(こうまくがいますいほう)

硬膜外麻酔法(こうまくがいますいほう)

硬膜外麻酔


一番ポピュラーな無痛分娩の方法です

陣痛の痛みを和らげます


無痛分娩の目的は陣痛の痛みを取り

母体と胎児の負担を軽くする事が目的です


例えば、局所麻酔だけではだめなんですね

あれは、体験したお母さん達の反応もよくありません


だって、陣痛が一番痛いんですから


硬膜外麻酔法ですが

手順としては、背中に1mm程度のカテーテルというチューブを通し

脊椎を包んでいる硬膜。これの外側の硬膜外に麻酔液を入れます


子宮の収縮を妨げず、陣痛の痛みを取り除きます

また、血中に入ることもないので、赤ちゃんにも影響しません

無痛分娩

当サイトでは、無痛分娩を実施されている産婦人科医院の情報を募集しております
ぜひ情報をお寄せください
→ 情報お寄せフォーム

病院から直接の掲載依頼も受け付けております。どうぞよろしくお願い致します
→ 【病院関係者専用】情報お寄せフォーム


無痛分娩


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【無痛分娩検討中の妊婦さんが見ている人気ページです】


無痛分娩も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトが

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

無痛分娩の麻酔法

無痛分娩といってもいろんな麻酔法(種類)があります

ここでは、主に取り入れられている
5つの方法を掲載しました

関連エントリー

硬膜外麻酔法(こうまくがいますいほう)
会陰部神経ブロック(えいんぶしんけい)
脊椎麻酔法(せきついますいほう)
静脈麻酔法(じょうみゃくますいほう)
吸入麻酔法(きゅうにゅうますいほう)