Top >  無痛分娩のリスクとデメリット >  無痛分娩の後遺症

無痛分娩の後遺症

無痛分娩の後遺症といえば麻酔です

症状としては、めまいや吐き気ですね


また、無痛分娩の方法によっては

赤ちゃんにも麻酔が効いてしまう場合もあり

眠った状態で生まれてくるので産声が弱々しい時もあります


さらに、麻酔薬が多量に脊髄周囲の血管内に

入ってしまった場合、稀なことではありますが

呼吸循環不全を起こす場合があります


ただ、医師もその辺りの事は十分に理解していますので

適切な対処を早急に行なえるよう準備を整えた上で

処置を行ないます


後遺症については、医師にもきちんと説明を受けましょう

無痛分娩

当サイトでは、無痛分娩を実施されている産婦人科医院の情報を募集しております
ぜひ情報をお寄せください
→ 情報お寄せフォーム

病院から直接の掲載依頼も受け付けております。どうぞよろしくお願い致します
→ 【病院関係者専用】情報お寄せフォーム


無痛分娩


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【無痛分娩検討中の妊婦さんが見ている人気ページです】


無痛分娩も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトが

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

無痛分娩のリスクとデメリット

無痛分娩にはどんなリスクやデメリットがあるのでしょうか?
インフォームドコンセントを受けられると思いますが
ここでも掲載してみました

関連エントリー

無痛分娩のリスク・デメリットとは?
無痛分娩の後遺症
無痛分娩の副作用とは