Top >  無痛分娩のリスクとデメリット >  無痛分娩のリスク・デメリットとは?

無痛分娩のリスク・デメリットとは?

無痛分娩の場合、リスクやデメリットを

気にする方も多いと思います


欧米では一般化している無痛分娩ですが

日本では、まだまだ浸透していないので

この辺りで、不安になる方も多いでしょう


ではリスク(デメリット)ですが、

まずは、麻酔そのものがリスク(デメリット)になります

麻酔による、血圧の変動や吐き気などですね


他には、誤って硬膜内に麻酔液やカテーテルが入れば

ショックや呼吸停止も発生します


また、麻酔の種類や使用量などによって、子宮の収縮力や

いきむときの腹圧まで弱くなってしまうこともあり

陣痛促進剤を使う割合が高くなることもデメリットかもしれません。


このあたりは、一度医師にも説明を受けましょう


しかし、どんなお産にもリスクはつきものです

自然分娩でもお産の時間が長引けば

それだけリスクを伴います


どちらが、自分に合った出産方法なのか

よく検討して決めましょう

無痛分娩

当サイトでは、無痛分娩を実施されている産婦人科医院の情報を募集しております
ぜひ情報をお寄せください
→ 情報お寄せフォーム

病院から直接の掲載依頼も受け付けております。どうぞよろしくお願い致します
→ 【病院関係者専用】情報お寄せフォーム


無痛分娩


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【無痛分娩検討中の妊婦さんが見ている人気ページです】


無痛分娩も含めた妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトが

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

無痛分娩のリスクとデメリット

無痛分娩にはどんなリスクやデメリットがあるのでしょうか?
インフォームドコンセントを受けられると思いますが
ここでも掲載してみました

関連エントリー

無痛分娩のリスク・デメリットとは?
無痛分娩の後遺症
無痛分娩の副作用とは